前へ
次へ

七五三祝いへのお礼状

現代では頂いたご祝儀などのお返し、と言ったとらえ方もされますが、内祝いとは本来、おめでたい日の喜びの気持ちを、赤飯や紅白餅と言った縁起の良いとされる品物に変えて、お世話になった方々への記念として送る物です。七五三はその名称から、各年齢に行う同じ行事のように思えますが、本来はその年齢で行う異なった神事の事で、三歳で男女ともに行う「髪置きの儀」、五歳で男の子が行う「袴儀」、七歳で女の子が行う「帯解きの儀」の、三つの子供の行事を「七五三」と呼んだため、現代では同じ行事のように思われています。お礼状は七五三等のお祝い事だけではなく、冠婚葬祭の祝儀、不祝儀に対してや、就職内定を通知された時などにも用います。葉書より封書の方がより丁寧とされ、送る際はなるべく早く出すと良いでしょう。これは配達の遅延などで遅れた時に、相手に悪印象を与えないためです。七五三のお礼状を身内に出すのなら、お宮参りなどの写真を添え、相手に子供の晴れ姿を見て頂くのも良いと思います。

Page Top