前へ
次へ

就職祝い金にまつわる豆知識

就職祝いを贈る際のポイントについて、ご紹介します。就職祝いを贈る時期は、就職が決まったらなるべく早く、できれば入社式の2週間~3週間前までに贈るようにしましょう。万が一、遅くなってしまった場合にでも、入社式後の1カ月以内に贈るようにしましょう。現金で就職祝い金を贈る場合には、金額は5000円~50,000円くらいが相場となり、金額は、血縁の深さや贈り主の年齢、お付き合いの深さなどによって異なります。もっとも多いのが、10,000円程度となっています。就職祝い金をのし袋に入れて贈る場合には、表書きは「就職御祝」「祝御就職」「御祝」などとなります。ちなみに、現金ではなく品物で贈る場合には、新生活で役立つ実用品が喜ばれます。

Page Top